中川運河 松重閘門にて

いつもありがとうございます。
中川運河は、名古屋港と笹島を結ぶために造られた運河。
松重閘門は、中川運河と堀川の連絡を図るために、昭和5年に完成し、水上輸送として産業を支え、需要が減ったことから昭和51年には、使用を停止し、公園として整備されている場所

光のイベントをやっていたので出掛けてきました。

土木学会の土木遺産に認定されているほか、名古屋市の都市景観重要建築物にもなっているだけあってカッコいいです。

水面に浮かぶのはバルーン。
いつもと違う雰囲気の中川運河でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ