シャガの群生

どこにでも生えているイメージのシャガ

シャガはアヤメ科の植物。
山ではどこにでも群生していてみることが出来ますね。

白い花びらに、黄色と薄紫の模様が特徴。
花びらは、ギザギザしたフリルになっている。

多年草だから、毎年咲かせてくれる。
見飽きそうなシャガだけど、
よく見ると、ぎざぎざのフリルが優雅なんですよ。

シャガ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ